初心者が挫折しないギターの選び方!初めてのギターを選んでみよう!

選び方

ギターやエレキギターなど、初めて弾いてみたい!と思った衝動は今でも忘れられない情熱ですよね。

きっかけは人それぞれだと思います。
私の場合は、一緒にやらないか?と誘われたことが一番のキッカケだったと記憶しています。

その頃までは、音楽にすら興味が全く無くスポーツ少年だったので(笑)
まさか、ここまでハマってしまうとは思いもよりませんでした。

だんだんギターが弾けるようになるにつれて、もっと色々な曲に挑戦してノメり込んだ感じです。

初心者の頃は、正直どんなギターを買っていいか分からないです。

楽器屋さんはハードル高いですし、近くにあった中古店で初めての相棒と巡り会いました。
最初はアコースティックギターを1万円台で購入。
学校の部活が終わったら、宿題よりもギターを片手に猛練習という日々になっていました。

今、ギターを初めたくて仕方ない衝動にかられているあなた!

初心者でも挫折しないギターの選び方を伝授します!

なぜギターを挫折してしまうの?

買ったけどそのまま

多くの人はギターを買ってはみたものの、弾かずに置いて、最終的には押入れの肥やしになっていることをよく耳にします。
定年後にギターを久しぶりに出してみて、ホコリまみれで出てきたという方はギクッとなるギターアルアルでもあります(笑)

さらに原因は沢山あります。

ギターのFコードが弾けなかったから

ギター最初の難関と言われているFコードが弾けずに悩んで、結局弾けずにあきらめる人はかなりいます。

忙しくて弾けなかったから

勉強や仕事などで、趣味に使う時間が少なくなり、ギターから離れてしまうことはよく聞きます。

指が痛くて続けられなかったから

ギターは最初の頃、指の先が切れそうなほど痛くて辞めたという方もいます。

どう弾けば綺麗に音が鳴るか体感したことが無いなど

ビリビリとした濁った音になったり、綺麗に弾けなくてイライラしちゃいますよね。

 

どうしても上手く行かない時ってありますよね。

弾けない理由は沢山出ましたが、これから初める人や改めて始める人にとって、なるべく挫折せずにギターを続けて欲しいと思っています。

なので、挫折しないためのギター選びをご紹介します!

挫折しないギターを選ぶコツ

一番気に入ったギターを最初に買っておく

一番大事なのは、これが欲しい!と思ったギターを選ぶことが超大切です。

まず、本当に大切なことは一目惚れです。
カタログを眺めている時、楽器店で探している時。
その時、これだ!これが欲しい!と思ったギターに出会ったら、決め手になります。

一番大切なことはギターを続けて欲しいから。
ならば、一番気に入ったギターを最初に買っておくと長続きします。

 

ただ、気に入ったギターは値段を見ると驚きますよね。

ギターは数万円から数十万円、数百万円までピンキリです。
高いと最初は思うと思いますが、クラフトマンからすると正直、まだまだ高く売っても良いと思います。
でも、初めてギターの値段を知ると楽器が高級であることに打ちのめされます。

値段とも、財布と相談しながら選ばなければなりません。

ここで注意したい真実があります。

ギターの値段が高いから諦め、安物ギターを買って、続かなくなったから諦めた人も多くいるためです。
これは仕方のないことですが、陥りがちな注意点でもあります。

逆に、憧れのギターを手に入れるまで、我慢して、上手くなって、お金を貯めて買うという人もいます。
私のことですが・・・(笑)

初めてのギターは1万円でも、数千円でも良いとは思います。
しかし、安いギターはいくら良い出来になっていると言われていても、残念な部分が沢山あるんです。

安いギターは注意!?良いギターの価格帯を見極める!

安物ギターを買うと、損すること

値段が安くて良いものというのは、楽器業界ですと難しい条件でもあります。
実際に安ギターを買ってしまうと起こることをお伝えします。

綺麗な音が鳴らない

エレキギターですと顕著に現れます。
理由は、パーツ代を低コストで抑えているからです。
低コストになると、ギターの音を拾う心臓部分のピックアップが粗悪な場合が多いです。

 

ギターの作りや調整が適当

弦と指板の間が空き過ぎているため、弾く際に押さえずらい。
または、指が切れそうなほど痛い。
という問題に悩まされます。

塗装が粗かったり、研磨剤が残っていたりなどすれば、見栄えも悪く、せっかく買ったのにテンションが下がってしまいます。

 

初めて買うギターの相場は?

初めて買うギターで出来れば出したい金額の相場についてです。

 

新品のギターであれば、アコースティックギターなら3万円程度から10万円。

エレクトリックギターだと、5万円程度から15万円。

 

中古のギターであれば、アコースティックギターなら2万円程度から8万円。

エレクトリックギターだと、3万円程度から10万円。

 

この辺りの金額だと、ハズレは少ないです。

これでも、初めのうちはハードルは高いですが、できるだけ良い物を買って長続きするためだと思えば安いと考えられます。

1万円のギターを買って1週間で辞めるのと、5万円のギターを買って少しでも長く続けられた方が、元が取れているのではないでしょうか?(笑)

 

ある程度の金額帯のギターだと、初期の不良も少なく、万が一壊れても修理が効きやすいです。

 

初めてギターを買うお店はどこがいい?

ギターというものは運命の出会いで結ばれる場合がほとんどですので、ここで買うと間違いないという保証することはできません。

中古店であっても、意外な掘り出し物で出会うこともあるでしょう。

ただし、中古店はある程度目利きが必要になってきます。

出来れば、新品のギターを取り扱う専門のショップが良いでしょう。

専任のギター修理が行える、リペアマンが在籍しているお店であれば、より綺麗な状態で渡してくれたりします。
また、修理の時でも初期不良であれば無料で請け負ってくれる場合もあり、安心できますよね。

 

インターネットも案外便利で、お気に入りのギターに出会える!

 

ギター専門店が近場にない場合や、忙しくて買いに行けない場合は、インターネットを利用することもありです。
実際に手にとって見れないため、分からないこともありますが、気に入ったギターを手に入れられる可能性が高いです。

ギターはかなりの重量があるため、送って家に届けてくれるのは嬉しいですね!

また、店頭販売よりも価格が押さえられているギターもあるため、探してみるとピッタリなギターに巡り会えます。

 

憧れのあの人が持っているギターを持つ

長続きするコツとしては、憧れのバンドや、尊敬する人が持っているギターと同じモデルを所有することです。

音楽にハマっていて、バンドに詳しくなって、ギタリストに興味を持ち始めてといった流れで、大好きなギタリストが見つかりますよね。
そうなると、同じタイプのギターを持っておけば、モチベーションも高まり、挫折することなくギターを続けられます。

まとめ

様々なギターに出会うことが大切です。

一目惚れしたギターを選ぶこと。

金額帯を絞り、良いギターを探す。

新品のギターであれば、アコースティックギターなら3万円程度から10万円。
エレクトリックギターだと、5万円程度から15万円。
中古のギターであれば、アコースティックギターなら2万円程度から8万円。
エレクトリックギターだと、3万円程度から10万円。

中古よりも新品を選んでみる。

憧れの人と同じモデルをもつ。

初めてギターを手にするなら、適当ではなく、思い入れを持って買うと
長続きします!
ぜひ、お気に入りのギターに出会えることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました